ヘイズ2012年 10 – 12月期の採用動向レポート~ ライフ・サイエンスの分野で専門家を求める傾向

2012年10月20日人事お役立ち情報, ニュース

10月16日に発表された、人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社の採用動向レポートによると、 ライフ・サイエンスの分野でアウトソーシングと治験が増加し専門家を求める動きが拡大していると発表しています。

臨床リサーチから治験、データ管理、製薬、販売の分野で採用の需要が高まっており、CRO(医療品研究開発のアウトソーシングビジネス)、 CSO(医療品販売業務)受託機関。MR医薬情報担当者のアウトソーシングビジネス)、CMO(医療品製造受託機関。実際の治験で使用される治験薬の製造 を行う企業)などに特化した企業で人材を求める傾向があると述べています。

治験の多くは現在進行しているか、または来年を予定していることから、CRA(臨床開発試験に際して、治験契約、モニタリング、CRFチェック・回収、治験終了などの諸手続き等を行う)の需要も高まっているそうです。

 

詳細は下記のリンクからご覧いただけます

http://www.hays.co.jp/press-releases/HAYS_074911JP

Top

ガイジンポット
GaijinPotについて
FAQ
サイトマップ
その他のガイジンポットサービス
言語
English